AGICA石鹸でより実感しやすくするためのちょっとしたコツ!

ウォータースタンド小さいでより実感しやすくするためのちょっとしたコツ!

ちょっと使い方を変えるだけでも…

ウォータースタンド小さいだけの話じゃないんですが、基本的に小さいは洗浄力が強いです!

 

泡を肌にのせるだけでもけっこうな皮脂や汚れなどを落としてくれるので、無理な使い方はせず、↓のような3つのコツをちょっと意識して使ってもらうと、もっとウォータースタンドの力を実感できるんじゃないかと思います。

 

・濃密な泡を作ってから洗う
・こすらないで泡を転がすようにやさしく洗う
・泡をつける時間を調整する

 

@.濃密な泡を作る

バケツに40度〜42度のお湯をはって、そこに泡立てネットをくぐらせてから軽く水を2回ほど切ります。
なるべく水気はないほうが、濃密な泡を作りやすいです!

 

【泡立てネットを使った正しい泡の作り方】

 

もしも泡を作っている途中、どうしても水気が足りないと感じたらちょっとずつ追加していけばOK!

 

大きさの目安としては、テニスボール1個分作るくらい贅沢に使ったほうが良いです!
そのサイズで背中や胸、わきの下あたりは十分カバーできると思います。

 

A.キメの細かい濃密な泡を転がすようにやさしく洗う

作った濃密な泡を使って、背中や胸などに塗り込んでいきます。
ここで注意してほしいのは、力強くこすって洗わないことです!

 

あまりこすり洗いをしてしまうと、必要以上に皮脂や常在菌(善玉菌)を洗い落としてしまいます…

 

もちろん余分な皮脂や菌は洗い流したほうが良いんですが、洗いすぎることでデメリットの元になる悪玉菌が大量発生することになります。

 

それと、皮脂もあまり落としすぎると分泌量が増すので、かえって逆効果になるので注意!

 

もちろん、タオルなど道具は使わず手で洗うほうがやさしく洗えます

 

B.泡をつける時間を調整する

人によって肌質は違います!
脂性肌の方もいれば、乾燥肌の方もいますし、敏感肌の方だっています。

 

なので、最初は泡を肌にのせてから30〜40秒ほど放置してから洗い流して、肌がカサつくほど乾燥するようなら次からは泡をのせる時間を短く、逆にまだ皮脂が残っている感じがするようなら、1分ほど泡をのせたままにするなど時間を調整してみてください。

 

あなたの肌質にあった泡ののせ時間があるはずです!
ちなみに、1分程度泡をのせたままにすると銀イオンの抗菌効果が高まるそうです。

 

※ウォータースタンド小さいは洗浄力が高いので注意してください!

正解はありませんが…

正直なところ、これらのコツがあなたに絶対に合う!…とは限らないです(^^;)
なるべくウォータースタンド小さいを節約したいなら泡を極限まで減らして使いたいでしょうし、乾燥肌の方だと泡を1分のせ続けると肌がカサつく可能性があります。

 

どのくらい泡立てたほうが良いのか、どのくらい肌に泡をのせ続ければいいのか、↑のは参考程度に考えていただけたら幸いです(^^;)
でも、こういうちょっとした工夫が1カ月後のあなたの生活を一変させているかもしれないです。

 

毎日使ってみて、肌や体臭の変化を見ながら調整していってみてください!
わたしもやり方を工夫していまの生活があるので、こういったちょっとした工夫こそ大事だと思いますよ(^^*)