加齢臭を加速させないための意外と便利なモノ!

加齢臭を加速させないための意外と便利なモノ!

デメリット対策にはお金がかかる(汗)

一度加齢臭が気になりだすと、ほかの人の反応が気になっちゃって

 

「もしかして、この人はわたしのデメリットがイヤで距離を置いて話してるんじゃないか」

 

とか疑っちゃって気持ちも滅入っちゃいます・・・

 

ドラッグストアあたりに行っていろんなデオドラント製品を見てみるんですが、思ったよりも加齢臭対策をしているものが少ないし、あっても頭皮のデメリット用のスカルプシャンプーや渋柿成分入りのボディソープくらいしかありません。

 

そもそも、ハッキリと明確に『加齢臭対策』っていうような製品はあんまりなかったんです(汗)

 

その数少ない商品のひとつを試してみるもダメ・・・
次にまた別の商品を試してみるけどダメ・・・

 

いろんなモノを試しているうちになんだかんだでお金を1万円以上も消費してしまい、これじゃムダ金だ・・・と感じて市販されているものには手を出さなくなりました。

 

結局、ネットで探していくうちにこのAGICA小さいに行き当たり、やっと正解にたどり着いたっていう感じですね(^^;)

 

でも、ウォータースタンドも小さいとしてはなかなかの高級品なので、もしかしたら「この小さいは高い!」とあなたも感じているかもしれません。

 

あまりお金をかけずに加齢臭をなんとかしたい場合

どうしてもお金をかけずに加齢臭をなんとかしたい!っていう場合は、みょうばん”を使ってみることをおすすめします!

 

もしかしたらご存じかもしれませんが、みょうばんは殺菌作用があって、汗を抑える、デメリットを抑えるなど効果が高いって言われています。

 

しかも、みょうばん自体はすごく安くてスーパーやホームセンター、薬局あたりで30g100円前後で売っています。
これでみょうばん水を作って、100均のスプレーなどに詰めれば簡単にデメリット対策『みょうばんスプレー』が出来上がります!

 

金額的にはみょうばん100円ほど、100円スプレー、自宅の水道水で作ればたったの200円でデメリット対策ができるんだからお得ですよね。
作り方は↓のようになります。

 

【みょうばんスプレーの作り方】
■500ml入るペットボトル
■みょうばん15〜20g(焼きみょうばんでも可)
■水(水道水で可)
■スプレー容器(100均で買えます)

 

ステップ1.500mlの容器に水とミョウバンを入れる

どっちからでもいいんですが、500mlの容器に水とみょうばんを入れてシェイクします。
ちゃんと溶けてダマがなく、全体的に白っぽくなればOK!
水だと溶けるのに時間がかかるので2〜3日放置します。

 

※40度くらいのぬるま湯だと数時間で溶けます。

 

ステップ2.透明になってきたら・・・

容器内の水が透明になったらみょうばん水の原液は完成になるので、そうしたらそれを10倍に薄めてスプレー容器に入れます。
スプレー容器の10分の1ほどみょうばんの原液を入れて、それを水で薄めます。
これでみょうばんスプレーの完成です!

 

あとはお風呂上りや洗顔時に浸かったり、気になる部分に使う形になります。

 

1カ月を目安に試してもしダメなら・・・

一応、1カ月を目安に続けてみてください。
もしそれで加齢臭が改善されるようならそのまま続けるのが一番お財布にやさしいかと思います。

 

わたしもみょうばんは試したことがあったんですが、そこまで劇的に改善はされなかったので最近はあんまり使わないです。
ただ、もしかしたらあなたの場合は効果があるかもしれないので、良かったら一度お試しください!

 

それでもダメだった場合は、AGICA小さいをおすすめしますよ!
わたしの場合はAGICAのほうが合っていたので、お金はすこしかかりますが続けて良かったと思ってます!